世界的に希少な象革を使った純日本製財布。

世界的に希少な象革を使った純日本製財布。

By 松田 卓也

皆様、もちろん「象」という動物はご存じだと思います。

あの鼻の長い大きな生き物です。イメージ的にはリンゴやバナナを鼻で器用に取っているあの象です。「ゾウ」とカタカナで表現すると途端にエルマーのようなポップだったりファンシーなイメージになるあれです。そういえば日本にはサトちゃんというオレンジ色のゾウもいますね。

象を知らない方はまあ、おられないとは思いますが、その象の革を使ったお財布は見たことが無い方の方が多いのでは無いでしょうか?

それが今回ご紹介するNELD「ZOU」シリーズのお財布です。

革製品に使う革というと最も代表的な牛革。比率的には圧倒的に牛の革が多いです。他にも山羊革や馬革。クロコダイルやヘビなどの爬虫類のいわゆるエキゾチックレザーと呼ばれるもの。エイやサメなどの海洋生物の革も独特の雰囲気があって面白いですね。

ただ、象革の革製品はほとんど目にされたことが無いともいます。それもそのはず、象は絶滅危惧種に指定されワシントン条約に抵触するため、基本的に国際的な取引が出来ないのです。クロコダイルやオーストリッチも同様ですね。輸入のハードルはそれぞれ若干違うのでクロコダイルはこの3種の中でも一番目にしやすいかもしれません。

そして今回ご紹介する象革ですが、こちらは生活保護調査などのために捕獲された、ごくわずかな革だけが特別に流通しています。もちろん皮革として使用するために飼育されているものではないので、本当に希少な革となります。

象というとざらざらの肌を「ゾウのような」と表現することもあるように(自分の子どものころアトピーがひどくてそう言った表現してましたし、されてました。)ごわごわして分厚いイメージなのですが、実際この象革の財布を手に取っていただくと、手に吸い付くようなしなやかでソフトな手触りにビックリされるかも知れません。お財布として使いやすいように革の内側に芯材を仕込んでありますので、もちろんハリ感はあるのですが、革自体は驚くほどやさしい印象です。かつ摩擦にも非常に強いので、希少でとても手に入りにくいことを除けば、革製品として使用することにとても向いている革と言えると思います。

かつ、革の表面のシボも個体によって差が大きいことも1つの特徴となるので、同じ個体が存在しない、正に自分だけのオンリーワンのお財布をお探しの方にはうってつけの一品と言えると思います。

ちょうど昨日、先日この象革のお財布をカップルで長財布と、少し短めの中財布でペアでお買い上げいただいた方々がご来店されまして、簡単なケアがてら拝見したのですが、凹凸がよりはっきりして、手に当たる部分は色が濃くなり光沢感が増していきより陰影が立体的になっていました。

お二人の微妙な使い方の差が伝わる感じにそれぞれに良い雰囲気に変化しており、お店にある新しいものと比較して、お二人ともとても嬉しそうな表情をされていました。

そして、今期2021年春夏の新色として、この「ZOU」シリーズに新しい2色が仲間入りしました。

ネイビーと

グリーンです。

それぞれ、ブランドオリジナルで色出ししており、このネイビーとグリーンに関しては他で手に入れることが出来ません。

原皮の色がグレーが割と濃いめということもあってか、このネイビーとグリーンも深い色出しで仕上げております。大人っぽい落ち着いた2色は、象革の新しい魅力を引き出していると思います。

染料を入れていることもあり、最初はグレーと比べると少し堅めの印象ですが、使い込むことでどんどんしなやかに変化していくと思います。

最後になりましたが、象と言えばインドではヒンドゥー教の神様ガネーシャ(「夢をかなえるゾウ」でも有名になりましたね)は象の頭をした神様です。ガネーシャは力、至福、英知の神ですが「富の神様」としても有名です。
信じるか信じないかは貴方次第、ということになりますが、金運アップ!という観点で見ても良さそうです笑

イギリス警察御用達のホイッスル。

先日から取り扱いを始めた、イギリス製のホイッスル。1870年創業の老舗「J Hudson and Co.(Jハドソン社)」のブランド「ACME(アクメ)」の3タイプ。イギリス警察で採用されている「ポリ...

松田 卓也 ブログ

2020年ありがとうございました。

何とか無事、2020年の営業を終了しました!本当に色々なことがあった年でしたが、要約するとコロナに尽きる1年でした。3月ぐらいから年末まで、記憶がうっすらとしているというか、ワープした感があります。今...

松田 卓也 ブログ

「ちょうどいい」財布。

m+の「millefoglie」に代表されるように、昨今は鞄の小型化や、キャッシュレス決済の台頭などの理由で小さい財布「ミニ財布」がずっと注目を集めています。前述の「millefoglie」のようにお...

松田 卓也 ブログ

帽子の被り方。

このアイキャッチ画像はベルギーで出会ったマダム。さらりと難しそうな帽子をいとも簡単にこなす姿はさずが帽子が身近にあり文化の一つでもあるヨーロッパの方だなと感じました。もちろんこの戦前のアンティークハッ...

松田 千香 ブログ

イエローイエローイエロー。

🟡イエロー🟡元気をもらえる色。わたしはストレスが溜まってくるとどんどんカラフルになります。昔からそれは変わらないのですが、最近気がつきました。わたしは色からパワーをもらっている。実は使いやすい色だっ...

松田 千香 ブログ

ヘアアクセサリーの活かし方。

皆様こんにちわ。いかがお過ごしですか?イヤリングやピアスもいいけど、たまには髪飾りも着けてみませんか??と、今回はヘアアクセサリーのご提案です。女子力、という言葉は軽くて個人的にはあまり好みではありま...

松田 千香 ブログ

大ぶりイヤリング・ピアスと顔の関係性

店頭で、お客様がイヤリングやピアスを探されている時、一緒に選ばせていただく中で『大ぶりの揺れるものを着けてみたいけど、似合わないし私にはハードルが高すぎる。』と、半ばそれが憧れのような、あきらめのよう...

松田 千香 ブログ

イヤリングが苦手という方へ。

イヤリングは痛みとの格闘ですよね。そしてしっかり着いていないような気がして落ちるかも、、という不安。わたしもイヤリング派なのでそのお気持ちはとてもよくわかります。と、言うといっぱい穴があいてそうなのに...

松田 千香 ブログ

雪の日はブーツで足元を楽しむ。

暖冬まっしぐらで来た令和初の冬ですが、少し雪も降って肌寒い日々が続いてますね。突然ですが、今日はブーツを履いて来ました。…全く脈絡が無いですね。普段は、仕事中に脱ぎ履きのタイミングもあるので、スニーカ...

松田 卓也 ブログ

2020年嬉しい初め。

明けましておめでとうございます。コルネは昨日1月3日短縮営業でお店を開けて、本日よりほぼ通常運転です。お客様も混みすぎない程よいペースで来ていただき、一時バタつきもありましたが、ほとんどのお客様と程よ...

松田 卓也 ブログ