1930~1980年代頃まで配布されていたもので、現在では現地でもコレクターアイテムとして人気があります。
発行年と都市名、ナンバーが刻印されており、2つと同じものはありません。発行年によりプレートのカラーと形状が異なるところもマニア心をくすぐります。 こういったアイテムを見ると、ヨーロッパの遊び心を感じてワクワクしますね。 自転車好きは自分の愛車に取り付けたり、ドアノブや車のミラー、バッグなどににぶら下げたり、ただ壁などに釘などでラフに打ち付けたりして飾っておくだけでも抜群の存在感です。 自分の好みのナンバーを探しても良いですね。生まれ年が見つかった人はかなりのラッキー。