数あるアクセサリーの中で一番顔に近い存在「イヤリング」&「ピアス」

イヤリング/ピアスの耳モノは女性を綺麗に見せるもっとも重要なアクセサリーです。顔周りの装飾はいわば「メイク」と同じ。顔周りの印象を大きく左右する決め手です。服装が同じでも、アクセサリーを変えるだけでバリエーションが無限に増えていきます。

揺れるタイプは少しカジュアルに、揺れないタイプは上品でややモード寄りなスタイリングを楽しむことが出来、毎日変化する女心に合わせてその日の気分で遊んでください。
50~70'sのヴィンテージは大振りなものが多いですが、こちらは小顔効果もあり、ショートやボブの方はもちろん、ロングヘアの方も髪の隙間からチラリと覗く感じが素敵です。

日本では古墳時代からピアスを装飾品をしてつかっていたそうですから歴史はかなり古いです。その後、耳を飾るという文化は一旦廃れてしまったようですが、明治に入ると西洋からの文化として入ってくる洋装とともに少しずつ復権してきたようです。1960年頃にはイヤリングをお洒落として着ける習慣が一般化してその後、ピアス穴を開ける女性が急増。2000年代には20代の女性の約半数を超える方がピアス穴を開けるという一大文化になりました。

コルネではピアスと同じくらいイヤリングも様々なタイプをご用意しています。ピアス派の方は「イヤリングはちょっと」という方も多いですが、流行った年代などでイヤリングでしかないデザインも多く、大きくて重いタイプは耳が引っ張られてしまうのでイヤリングの方が使い勝手が良かったりします。どちらも自分たちが素敵だと思うものをセレクトしているので、よろしければ色々ご覧になってみてください。